水回りフォロー、再度ショールームへ

事前にショールームに行った後、先日第1回設計打ち合わせ:水回り編に参加しておりました。
その後のフォローとして、選んだ資材を見るために、再度TOTOショールームにお伺いしました。
今回は事前に創建舎さんで予約を頂いていたので、担当者がついて個別に説明してくれます。

ーキッチン

創建舎さんおすすめのキッチンは、業者さんしか取り扱いできないお得なシリーズですが、ほとんどは市販の最新機種と同等で、違いは扉の色の選択枝が少ない程度で、見て回る製品は市販品そのものです。
先にショールームで見たこともあり、スムーズに確認することができました。
当初見積もってもらっていた色がイメージと違っていたため、それを修正して終了です。

ーバス

サザナシリーズを見積もってもらっていましたが、壁の色の選択肢が我が家の好みにいまいち合わなくて、上位グレードのスプリノシリーズだとそれがあるということが判明。

模型をベースにあーでもない、こーでもないを30分以上続けて、それなりにサザナにオプションつけていたこともあり、スプリノを選んだとしてもその差はたいしたことがないことがその場のシミュレーションでわかりましたので、2パターンの見積もり作成を依頼。

a0210753_150129.jpgこれがサザナ。


a0210753_151881.jpgこれがスプリノ。浴槽入れ忘れていますが、サザナと同じものを入れる予定です。


これだけ見ると、若干壁の雰囲気が違うかなという程度ですが、実際はかなり違います。
a0210753_221669.jpg

左がスプリノ、右がサザナ。テイストは同じナチュラル系ですが、同じ壁材ではありませんので、当然違うわけですが、スプリノだと光沢タイプが選択でき、それが浴室の雰囲気を大きく左右します。

我が家がスプリノを検討できたのは、新宿ショールームの浴室展示スペースの壁にひっそりと掛けられたラインナップの比較表を、最初のアポなし訪問した際に発見していたからです。
それを見るとスプリノとサザナのラインナップと搭載オプションと価格感が一目瞭然で、両シリーズが、あるところでほぼ重なっていることがわかります。
ショールームでのサザナとスプリノの展示を見ただけでは、たぶんスプリノは金額的に無理と間違いなく判断していたと思います。(それくらい展示ではコントラストがあるということです。)

TOTOで浴室を検討する人は、この一覧表を先に見ることをお勧めします。

追伸:
創建舎で建てる家でしばしば拝見するハーフユニットもタイル張りで展示されています。
シンプルですが、これはこれでかなりいい感じです。これとサワラの板張り壁なんて野望を持つ男性多数かと思います。掃除の手間が苦でなければ是非にと思います。(泣)

ー洗面台

浴室ほどバリエーションがあるわけではなく、浴室の雰囲気が先に決まっていたいたこともあり、ほぼ色だけだったので、創建舎さんお勧めのお得モデルですぐ決定。


ートイレ

我が家では特に拘りもなく、普通でOKということで、創建舎さんお勧めのトイレを見に行きました。
GGというシリーズを紹介されて、その場で座ってみたら、便座が小さい(いや、私のお尻が大きいだけか?)ので、ちょっと持ち帰りです。後日確認したら、どうも創建舎さんがお勧めしたいお得モデルとは違うことが判明。その場で担当者も工務店さんごとにお得な機種がとかいっていたような・・・。特に希望はないので、なんとか標準的な便器で我がお尻が収まることを祈るばかり。

気がつくと14時にショールームにお伺いして、3時間経過していて、すでに閉店時間を過ぎており、通用口を通じて退館となりました。担当者さま、その節は大変お世話になりました、対応がとても親切でよかったです。
[PR]
by mssh64 | 2011-07-18 01:51 | 設計

東京の工務店で家を建てる


by mssh64
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31