創建舎社長中里さんと初めて会う。

このブログは2011/5/30から書き始めましたので、それより前の内容は回顧録的な内容になっています。

2011/2/x

家づくり勉強会の第一回「いい家を作るために」というタイトルで、創建舎代表の中里さんにお目にかかりました。

なんとなく工務店の社長さんといえば、威勢のいい豪快な感じを予想していましたが、控えめな感じで、話しもゆっくりで大変聞きやすい内容でした。

参加者はご夫婦、子供連れ、大家族等様々で、一部の方はすでに設計に入っているとのことで、堅苦しい感じもまったくなく、終了後は、スタッフの方がわざわざ買いに行った尾山台のオーボンビユータンのヨーロピアンなケーキがおやつで出てきて、何とも家族的な場であったのが印象的でした。

肝心の内容ですか、今の住宅事情や今後の課題、家を建てる場合のポイントなどは当然参考になりましたが、顧客目線で、今の工務店の課題、建てる最中の担保や建てた後に家を守るというところで顧客が気になるところを真摯に受け止めて、一歩づつ改善しようとしていることがわかりました。

個人的には経営者として外部との仕組み作り以外に、何より人材の育成に対する理解と現場の大工、監督から設計までまとめようとする地道な努力が垣間見えたことを評価しました。

今の日本の中小企業の課題といえば、白書にもあるように会社の継承、強みといえば現場の擦り合わせでしかないので、この2つに真っ正面から取り組む経営者は私的にはプラスと判断します。

余談:

一級の現場のプロを信頼してまかせましょう派(そのために創建舎を選んでいるので。)の私は家の話よりは中里さんが取り組んで新しいスキーム作りに興味津々でした。理由は建設業界とよく似ているといわれるIT業界で生計を営んでいる私としては、起こっている事象が少し先を行っている感じがして、大変参考になった次第です。実は自分の会社の全社ミーティングで中里さんの話をパクって話をしてたりしますが。

「下請けはやらない。」 一度いってみたいねとは、我が社の社長の一言。現場の高い技術をベースに生き残りをかけるところは我が社も全く同じ、今後も参考にさせて頂きます。;)

創建舎が気になる方は一度この勉強会出てみることをお勧めします。
第1回から出なくても各回は独立しているので大丈夫です。
いろんな意味で、他社のセミナーとは違いますし、毎回タレントも変わって楽しいです。

a0210753_0465676.jpg
[PR]
by mssh64 | 2011-05-31 21:53 | パートナー探し

東京の工務店で家を建てる


by mssh64
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31